結果はどうなる
AWDLP310-001
サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム 代表ご挨拶 製品案内 会社案内 お問い合せ
サービス案内
ホーム > 製品案内 > 応用システム
応用システム
老人ホーム等システム 〜介護・看護の睡眠時の状況把握による利用〜
         

       ベッド
●全体システム構成:シートとデータ収集装置及びLAN接続(HAB)
        
            ー主な特徴ー
            1.在焼酎の生活記録が自動的に収集できる。
            2.全体の在床ー離床 全員状況がわかる。
            3.記録は事前項目登録、選択方式(プルダウン)
            4.遠隔メンテネンス方式とする。(ADSL)
            5.介護の定量化(心理的ケアとリハビリ)
 
測定シート

データ収集装置
          
<ナースセンタ>
(1)リアルタイム情報
現状状況表示     :本方式で在床、離床の人別をする。(離床通報)
               被害者の覚醒、浅い睡眠、深い睡眠リアルタイム表示
昼間の緊張度の影響:入床から入眠までの交感神経成分の積分
入床後の緊張度測定:単位時間の交感神経成分
              病気の苦痛と比例する。
              寝返り、体動の回数
トイレ予測情報    :覚醒、立上り、習慣性
(2)睡眠記録
  睡眠評価点数と睡眠深度割合  入床、入眠時刻、離床時刻
  入床時の緊張度:病気等は緊張度が高い場合が多い  寝返り回数
  表示機能:過去の表示をする。睡眠と認知症の関係
(3)最適睡眠の検討(計画中)
              
 
コンセプト
原理・測定方法
表示と記録
ダウンロード
応用システム
他社と比較
ページトップ
Copyright(C) 2011 Sleep System Lab. All Rights Reserved.