AWDLP310-001
サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム 代表ご挨拶 製品案内 会社案内 お問い合せ 技術開発と増資
サービス案内
ホーム > 製品案内 > コンセプト
コンセプト
睡眠と睡眠測定の意味
●人間の睡眠機能の理解
  第1の法則:睡眠のリズム性:一定時刻になると眠くなる。
  第2の法則:疲れたら眠る。1日疲れなくても、次の日によく眠り解消する。
注)快適な睡眠を得るには、上記の法則を満足する必要がある。上記の原則は理解したとしても社会生活では必ずしも守れない。このときに如何するかが本題の課題解決方法である。
具体的不眠傾向改善法
●生活リズムの改善の実行
  「基本は朝一定時刻に起きる。」昼間寝なければ・・・
  「30分以内に分けて、何回でも仮眠を取る」
●本睡眠測定の確認により
  「眠れない恐怖」から脱却出来る。
  「不眠の最大の恐怖」は「眠りたくても眠れない場合」で、睡眠を意識すればするほど、悪循環になる。本測定でこの恐怖から脱却する。
入眠を促進する生活スタイルの改善方法
●精神的疲労と身体的疲労を比較して、身体的疲労を優位にする。
  精神手k疲労(交換神経成分優位)<肉体的疲労(運動等副交感優位)の日常生活をする。
●入眠前のリラックス法の導入
  自分に最適な方法を見つける必要がある。

   精神的リラックス法
     ヨガ呼吸法  :複式呼吸法、吐く息をできるだけ長くする。
     気功・太極挙 :身体の動作に応じて呼吸する。これらは呼気時にリラックス成分である。
              副交換成分が多く出て、気分を安定させることが出来る。 
 
コンセプト
原理・測定方法
表示と記録
ダウンロード
応用システム
他社と比較
ページトップ
Copyright(C) 2011 Sleep System Lab. All Rights Reserved.