AWDLP310-001
サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム 代表ご挨拶 製品案内 会社案内 お問い合せ 技術開発と増資
サービス案内
ホーム > 製品案内 > 表示と記録方法
              
睡眠データの表示と記録方法
 I.日々のトレンドの記録(成人の場合)
1段階(覚醒相当) 2段階(レム相当) 3段階(浅い睡眠相当) 4段階(深い睡眠相当)
 1.正常な睡眠パタ−ン
   
測定結果1
※ 起きる時刻を一定にする。11/12睡眠時間は短いが、次の12日は良く眠れている。
   
 2.起きる時刻が一定でない場合:昼間集中力が無くなってくる。
測定結果2
 
3.昼間眠り、夜眠れない:高齢者に多い。
測定結果3
※ 昼間はできるだけ30分以上連続して寝ないことが大切である。
 
 4.昼間眠り、夜眠れない:高齢者に多い。
測定結果4
※ 昼間集中力に欠け、気力を無くす。
         
 5.夜型の睡眠
測定結果5
※ 体内時計は25時間で起きる時刻を一定にしないと徐々にずれる。
高齢者等日々の予定がないない場合は起きる時刻を一定しないと、
徐々に睡眠サイクルがずれる。
 
 II.毎日の記録
 注)睡眠量点数は各個人の相対的な変化を表すための指標で、他人と比較するものではない。
測定結果5   記録
①氏名又はNo
②入床時刻(秒)
③入眠時刻(秒)
④離床時刻
⑤在床時刻
⑥睡眠深度の割合等
⑦睡眠効果

測定結果
製品案内
コンセプト
原理・測定方法
表示と記録
ダウンロード
応用システム
他社と比較
ページトップ
Copyright(C) 2011 Sleep System Lab. All Rights Reserved.